歯の痛みは警告だと思ってください!

5年以上前の話ですが、最初は、肉などの噛み応えのある物を噛むと、たまに左下の奥歯に痛みを感じていました。
しかしそのまま何もせずに放置していたところ、徐々に症状が悪化していき、歯磨きの際、歯ブラシを当てたり、食事の際に、患部に物が当たるだけで、毎回激痛が走るようになったため、さすがにまずいと思って歯医者にいきました。

吹田で実績ある歯医者へ行き、これまでの経緯や今の症状を先生に説明し、実際に見ていただきました。
先生から、「神経までいってしまっているので、その部分の神経を抜かないと痛みは取れないです。ただ、神経を抜いてしまうと、この先にもし同じ部分が虫歯になっても、痛みに気がつかずに悪化してしまうというリスクもあります。」との説明を受けました。
リスクはあれど、とても当時の痛みに耐えきれないと思い、患部の神経を抜いていただくようお願いしました。
まずは消毒をしながら患部を削り、神経を抜き、そこに銀歯を被せていただきました。
麻酔をしなかったため、治療時の痛みはありましたが、治療後は痛みもなくなり、とても快適に過ごせるようになりました。
以後は、虫歯を作らないように、定期的にチェックしてもらっています。

少しでも痛みを感じたら、すぐに歯医者さんに診てもらうことをオススメします。
もし、それが疲れからくる痛みだとしても、診てもらうことにより、予防に繋がります。
また、定期的にチェックや、クリーニングをしてもらうこともオススメします。