診察してくれる先生が優秀

歯医者は設備より、大阪の歯周病治療の経験豊富な歯科医院の腕や「患者のための治療をやってくれるか」で選ぶべきだと思います。

設備だけ見るなら、街をぶらついて最近出来たばかりの歯医者に行けばOKです(^_^;) それとも流行のレーザーや麻酔ガス使用の無痛治療をお望みですか?レーザーは痛くないですが余計な部分まで削ります。麻酔ガスはちょっといろいろありますね。

あくまで個人的な感想ですが、歯科大学出ました!設備あります!って新参の先生&設備より、数千人の歯並びを見、虫歯の治療ひとつにしても全体的なかみ合わせなども見て診察してくれる先生が優秀だと思います。

私の通っている先生曰く「歯は一度削ったら元に戻らないし、同じところがまた虫歯になりやすくなる。だから私は極力削らない」と言っております。
ですので小さい虫歯などは削らずに「ここに虫歯になりかけの歯がありますから丁寧なブラッシングを心がけてください。それで数年は持ちますし、もし進行したら治療しましょう」と言ってくれます。また相談にも乗ってくれます。

染めだしをみて自分の歯磨き方法を反省

歯のクリーニングを行ってもらうことでとても大阪で歯周病治療を取り揃えている歯科医へ歯が綺麗になったと感じます。そして何よりも、自分が歯を大切にしようという気持ちが高まったことがよかったです。そのままでいたら、歯の健康を守ることができないと思うからです。定期的に受診をして、そんな風に美しくするのはとても良いことですね。
そのクリーニングを最初にした時は、びっくりしました。それはなんといっても、自分の歯の状態を知るための染め出しという検査をした時のことです。自分の歯を見た時に、愕然としました。それはピンクの染め出し液を使って行うのですが、私の歯は見事にピンクがひどかったのです。それは、それだけ歯の磨き残しがあるということなのです。
磨き残しがあると、歯が虫歯になる確率が高くなります。歯垢がそれだけ付着しているということが言えるのです。とても恥ずかしい思いをしましたが、早めにそのことについて知ることができてよかったと思っています。その後は、鏡を見て歯磨きをしています。

治療を乗り越えました

ずっと気付かないふりをしていた虫歯が限界で、実績豊富な歯科医院に意を決して行きました…仕事の都合で1人で行くことに…かなりの恐怖で待合室では手が震え、若干吐き気もしてきて、やっぱりだめかもと思った瞬間呼ばれ、台に座り、背もたれを倒されると震えが!ハンカチに好きなアロマを含ませて行ったので先生と話してる間はそれを口にあて、なんとかしのぎました。

 

そして治療が始まり、奥歯の治療だったので長時間口を開けていました。
でも途中途中休憩を挟んでくれて、かなり気持ちが楽でした。そんなこんなで、頓服も飲まず発作も出ず、なんと1時間の治療を乗り越えました!!

 

終わった後気持ちが清々しくて、先生や助手さんも、本当によく頑張ったね!お疲れ様でした!と褒めてくださり…もう本当に最高の気分で帰ることが出来ました!麻酔が切れた後は激痛に苦しみましたが…なんとか乗り越えました。すごくすごく自信になりました!
かなり嬉しい出来事だったので、まだまだ小さな一歩ですが、前を向いて行こうと思えました。

虫歯に食べものが挟まり困るので治療した

歯の健康というのは、とても大切と分かっていてもなかなか歯医者に行くことをしないものですね。できるだけ、なんともなかったらそのまま様子を見たいと思うことが多いです。しかしそのままにしていると、歯がボロボロになってしまうことがあります。

 

この私もそんな経験をしたことがあり、そのことについてとても後悔をしています。歯のことについては、後からしまったと思っても取り返しがつかないことが多いので、早めに治療をすることが大切ですね。

 

その後悔をしたというのは、歯の虫歯を放置していた時でした。するとだんだんと穴があいてきたのです。そしてその穴が真っ黒になりました。そこで困るのは食べ物がそこに挟まってしまうことなのです。

 

その結果、口臭が出現することになったので、その時点でユーザー口コミサイトで人気の歯医者行きました。しかし手遅れで、抜歯をすることになったのです。奥歯は、虫歯になりやすいのです。そして抜歯をしたので、その後はますます食べにくくなり困っています。

歯をホームホワイトニングした感想

私は20代の頃に、自分の歯をホームホワイトニングしました。何故ホームホワイトニングをしようかと思ったかというと、私は1日半箱から1箱タバコを吸っていて、歯がタバコのヤニで黄ばんでいました。そしてコーヒーや紅茶も飲んでいたので、そのコーヒーや紅茶の色でも黄ばんでしまっていました。なので私は、どうしても自分の歯を白くさせて綺麗にしたいな~と思い、インターネットでホワイトニングについて調べました。そして街の中心部にある歯医者さんに行って、歯をホームホワイトニングをしに行きました。私が行った歯医者さんはまだ新しい歯医者さんで、院内はとても綺麗で落ち着いた雰囲気でした。そして私の担当をしてくれたお医者さんも優しそうな感じの方でした。まずお医者さんは私の歯のマウスピースを作って貰い、その後に歯を白くさせる薬剤をくれました。自分の家で、マウスピースに薬剤を入れて寝る前に歯にはめてから寝るようにしていると、3日間くらいであっという間に自分の歯が自然で綺麗な白い歯になりました。ホームホワイトニングは値段が高かったですが、やってみて良かったな~と思いました。

痛くて眠れない痛み

これは、私が今まで体験したことのなかった歯の辛い痛みについての話です。

私は、虫歯になり歯科医院に通い、治療してもらい銀歯を詰めました。

それからは何年か痛みを感じることなくとても快適に過ごしていました。

しかし、ある日ガムをかんでいると銀歯がポロリと取れてしまったのです。

私は、困ってしまいましたが、とりわけ痛みなどがなかったし、歯医者に通う暇がなかったため、また仕事が落ち着いたら行こうと思っていました。

そして、それからすっかり歯のことを忘れていたのです。

ある日、寝ていると、銀歯の取れた歯から激痛が走りました。

今まで感じたことのないようなひどい痛みでした。

それで、次の日に歯医者に大急ぎで駆けつけました。

すると、銀歯の取れた歯が虫歯が進行してしまい、神経をとる治療が必要になってしまったと言われたのです。

もし早く治療に来ていれば、銀歯をはめ直すだけで良かったかもしれないのにここまで放置しなければよかったなと大変後悔しています。今では歯並びが気になり審美歯科に通うようになりました。

虫歯がきっかけで親知らずを抜いた経験について

突然歯が痛くなったので虫歯だろうと思い、歯医者に行きました。すると、親知らずの歯が虫歯になっているとのことでした。
上下左右全てに親知らずがあり、虫歯になっている歯以外にも虫歯になりそうな歯があると言われました。これらは抜くことをすすめられすぐに治療をお願いしました。
しかし、虫歯になっていない歯も、磨きにくい状態であるため今後虫歯になる可能性があると言われ、抜くことをすすめられました。結局すべての親知らずを抜いてもらいました。

親知らずの生え方によって、切開する大きさや腫れや痛みが違うと聞いていました。
下の親知らずは真っ直ぐ生えていたため、すぐに抜いてもらえました。
上の親知らずは横に生えていたため、切開が必要と言われ切開されました。そして抜こうとするのですが、途中で折れてしまい、親知らずの根元が残ってしまいました。
確認のため、途中でレントゲンを撮られたり、予定より切開されるところが大きくなり、なかなか抜けず何度も引っ張られたりと苦痛でした。
30分程かかって抜けたのですが、レントゲン費用など予定外の治療費が必要となり、災難でした。
麻酔が切れたあとは激痛で、腫れもひどかったです。

虫歯になるリスクが高いため親知らずは抜いた方が良いと思います。ただ生え方によっては抜きやすが違うので、痛みや腫れの程度が違います。
信頼できる歯医者さんに診てもらって治療することをおすすめします。

PR|大阪で信頼できる歯医者さんを見つけた!|

歯列矯正をしてまず衝撃だった出来事

私は小さい頃から、歯並びが悪かったので中学生の頃から矯正の実績抜群という歯医者に通い歯列矯正を始めることにしました。
歯が綺麗になったら見た目がよくなることが楽しみでわくわくしていました。歯列矯正を始められる喜び一杯で早速治療が始まり、初めは型をとったりまだ特に大きなことをするわけでもなく終わっていました。
ですが1ヵ月後くらいだったと思います。初めて、歯に装置をはめることになりました。
入れたばかりのときは少しきついくらいだなという感じで、こうやって少しずつ歯が動くんだなとイメージがわいてわくわくしたのを覚えています。
その日の夜だったと記憶しています。歯が痛くて痛くてご飯が全然美味しくなくて、むしろ噛むことが一苦労だったのです。歯も普段と違うとこんなにも苦痛で大変なんだとビックリしました。
こんな不快な思いするなんて想像もしていなくて、ただただ嬉しい未来しか考えてなかったので、中学生の私にとってはかなり衝撃的な出来事でした。
これも時間が解決してくれたので、今となっては良い思い出です。