歯をホームホワイトニングした感想

私は20代の頃に、大阪で歯周病治療する10のポイントは自分の歯をホームホワイトニングしました。何故ホームホワイトニングをしようかと思ったかというと、私は1日半箱から1箱タバコを吸っていて、歯がタバコのヤニで黄ばんでいました。そしてコーヒーや紅茶も飲んでいたので、そのコーヒーや紅茶の色でも黄ばんでしまっていました。なので私は、どうしても自分の歯を白くさせて綺麗にしたいな~と思い、インターネットでホワイトニングについて調べました。そして街の中心部にある歯医者さんに行って、歯をホームホワイトニングをしに行きました。私が行った歯医者さんはまだ新しい歯医者さんで、院内はとても綺麗で落ち着いた雰囲気でした。そして私の担当をしてくれたお医者さんも優しそうな感じの方でした。まずお医者さんは私の歯のマウスピースを作って貰い、その後に歯を白くさせる薬剤をくれました。自分の家で、マウスピースに薬剤を入れて寝る前に歯にはめてから寝るようにしていると、3日間くらいであっという間に自分の歯が自然で綺麗な白い歯になりました。ホームホワイトニングは値段が高かったですが、やってみて良かったな~と思いました。

痛くて眠れない痛み

これは、私が今まで体験したことのなかった歯の辛い痛みについての話です。

私は、虫歯になり歯科医院に通い、治療してもらい銀歯を詰めました。

それからは何年か痛みを感じることなくとても快適に過ごしていました。

しかし、ある日ガムをかんでいると銀歯がポロリと取れてしまったのです。

私は、困ってしまいましたが、とりわけ痛みなどがなかったし、歯医者に通う暇がなかったため、また仕事が落ち着いたら行こうと思っていました。

そして、それからすっかり歯のことを忘れていたのです。

ある日、寝ていると、銀歯の取れた歯から激痛が走りました。

今まで感じたことのないようなひどい痛みでした。

それで、次の日に歯医者に大急ぎで駆けつけました。

すると、銀歯の取れた歯が虫歯が進行してしまい、神経をとる治療が必要になってしまったと言われたのです。

もし早く治療に来ていれば、銀歯をはめ直すだけで良かったかもしれないのにここまで放置しなければよかったなと大変後悔しています。今では歯並びが気になり審美歯科に通うようになりました。