子供の歯を虫歯にしてしまった

PR|吹田で評判の歯医者は
虫歯になりやすい自分ですから、子供の歯磨きはしっかりと行っているつもりでした。

四か月に一度、歯科の定期健診に子供も連れて行くようにしています。

子供には、フッ素コーティングを行って、なるべく虫歯にならないようにと心がけているのです。

しかし、ある時に、両奥歯に虫歯があります、と言われてしまったのです。

「着色ではないですか?」と聞きますと、「穴が空いている虫歯です。」とドクターから言われました。目の前がガーンと暗くなる思いでした。

子供の前では、「大丈夫、治してもらおうね。」とにっこりと笑いましたが、気分は最悪です。仕上げ磨きが甘かったのです。もちろん、仕上げ磨きをしているのは、自分だけではなく、両親で行っておりますが。

残念でした。こんなに毎日、仕上げ磨きをしていると言うのにも関わらず、虫歯にしてしまったのです。そう言えば、近ごろ、チョコレートの味を覚え始めたからでしょうか。やはり、甘いお菓子は歯には大敵なのです。

そこで、親戚から小耳にはさんだ話をドクターに尋ねました。

「歯にシーラントをしましたら、虫歯になりにくいと聞いたのですが。」と聞きますと、「では、上の奥歯の溝をシーラントしましょう。下の奥歯のシーラントを施す部分は、すでに虫歯ですから削ります。」とドクターは言われました。

奥歯の溝を虫歯予防のためにシーラントする、と言うのは、とっても簡単な事だったのです。

こんなことならば、虫歯にする前にシーラントしてもらえばよかった、とため息が漏れました。

しかし、シーラントがよい、という知識がなかったのです。

しかも、自分くらい虫歯になりやすい歯でしたら、奥歯の溝どころか、歯全体をシーラントしてもらう必要があるでしょう。

どのようなケアが必要で、最適なのか、と言う事は中々分からないものだな、と思いながら、子供の歯の運命を握る責任を痛感しました。

知識ある親の子供は守られるのです。勉強あるのみでしょうか。

PR|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|サプリメント|SEOアクセスアップ相互リンク集|初値予想|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|お小遣いNET|JALカード|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|